fc2ブログ
シニアライフは気ままに
定年後のシニアライフを気ままに過ごしている平凡な”おじさん”の日記です。 旅行、写真、ゴルフ、パソコン、孫たちなどの話を気ままに綴ってみました。
伊奈のバラ園
来週の日曜日にパソコン仲間を案内するので、下見にやってきた。 朝10時には駐車場はほぼ満杯だったが、バラ園の方は人出はそれほどでもなく、ゆっくり鑑賞で来た。 だいぶ園内のレイアウトが変わったみたいだ。花は7分咲きぐらいで、つぼみもまだ十分あるので来週の日曜日も十分楽しめそうだ。




5月17日 @伊奈町バラ園
安行桜が今年も満開
川口市安行原の密蔵院は安行桜で有名。安行桜はソメイヨシノよりも一足早く満開を迎える。沖田桜とも呼ばれ、色はピンク色彩がやや濃く、花が少し小ぶりで、遠景ではやわらかいイメージに映る。

安行桜1 参道から境内にかけて満開の案行桜

安行桜2 ヒヨドリやメジロが蜜を吸いに来ている

安行桜3 これは台湾緋桜でいつも案行桜同時に咲く

3月16日 @川口市密蔵院
ピンクの彼岸花
ピンクの彼岸花
PC上のアルバムを開いていたら "ピンクの彼岸花” が出てきた。
これは一昨年の9月3日に東松山の森林公園で撮影したものだ。
看板には ”シナヒガンバナ” と書いてあったと記録されている。
いろいろな色の彼岸花があるのだな。。。



黄色い彼岸花

黄色い彼岸花が咲いているという情報を耳にしたので、早速カメラを持って行って来た。
ところは、川口市安行の興禅院というひっそりとしたお寺である。
門の前の生垣にチョッと枯れはじめであったが数十株鮮やかな金色の色を輝かせて咲いていた。
和名鐘馗蘭(しょうきらん)といい、花の形が「5月人形の鐘馗様の頬ひげ似ていることからこの名前が付いたとの説である。一匹の黒揚げはが蜜を求めて飛ぶ様が優雅であった。

黒揚羽蝶

興禅院

このお寺は境内というか裏の墓地に、彼岸花が群れて咲くので有名なのだそうだが未だ時期がチョッと早かったようだ。 薄暗い墓地の片隅に真っ白な彼岸花がひっそりと咲いていたのが印象的だった。

白い彼岸花

@川口興禅院   9月13日
散る桜 残る桜も 散る桜
大学時代のクラブの同窓会で皇居の周りの桜見物ウオークをした。市ヶ谷から外堀沿いに法政大学、靖国神社、千鳥が淵へと出て、さらに内堀通りを北の丸公園を眺めながら竹橋まで行き、そこから水道橋までのんびり2時間かけて歩いた。 桜は散り始めていたがまだまだ鑑賞には十分であった。

靖国神社
 靖国神社には観光バスで地方から沢山の参拝者が来ていた。

散り行く桜
 千鳥が淵では水面に花びらが沢山浮いていた。

北の丸
 旧近衛師団司令部の建物 今は東京国立近代美術館工芸館となっている。

@皇居を取り巻く桜の名所 4月5日



プロフィール

気ままなおじさん

Author:気ままなおじさん
定年退職したゴルフと旅行とパソコン好きのオジさん。
.ホームページ もよろしく。

人生気ままにへ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新の記事



最近のコメント



カテゴリー



過去ログ



BGM



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



我輩は猫である

マウスを近づけると顔を動かします。 顔に当てると泣くことがあります。



ブログ検索



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



舞妓Haaaan!!!



RSSフィード